About FOGIM

Since 1978, FOGIM has always been the leading manufacturer of the industry in Taiwan.

10月 16, 2020

実例紹介 4 – コイル‐スプリングVS.ガススプリング

マクガイバーはとても人気なアメリカアクションアドベンチャードラマです。主人公アンガス・マクガイバーはすばらしい問題解決の才能と豊富な科学知識で命を救います。彼がよく言うセリフは「臨機応変」、身近な物でみんなを助ける道具を作り出します。ドラマであるので視聴者の目を引くため多少大げさに表現されいますが、彼が基礎の機械論と科学の知識を運用して、道具を作る過程は多くの人が驚くでしょう。

現在利用可能な資源から新製品を作成することは、まったく無関係な分野よりも成功の可能性が高いと言った人がございます。FOGIMはガススプリングの専門メーカーとしてスタートし、徐々にスキル重視の製品であるメカニカルロックに移行しました。操作をより楽になるために、一般的にはガスや液圧を使用します。

もうひとつの反力は、コイル‐スプリングの高耐久性を利用し、メカニカルロックのシリンダーの上に追加しました。

ガスシリンダーとコイル‐スプリングの反力機構は何が違うのでしょうか?と思う方もいると存じます。

機械的なコイル‐スプリングは物理的な変形によりエネルギーを蓄えますが、ガスシリンダーはガスを加圧することによりエネルギーを蓄えます。また、コイル‐スプリングに決まる要因はガススプリングに比べてより経済的で、部品の故障や、シールでの漏れなどがなく、調整も可能で、“跳ね返り”(強いレリーズ力)も速いです。

結論として、コイル‐スプリングとガススプリング、両者の応用と原理は、似てる部分はあります―エネルギーを蓄えて、圧力が解放されたら、初期の位置に戻ります。お客様のスペースの制限や製品仕様などのニーズに合わせ、最適な解決策を提供いたします。

関連製品